トップページ   ◆犯罪心理学研究会とは?   ◆防犯教室    ◆活動記録    ◆活動予定    ◆つぶやき日誌   ◆リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
昨年立ち上げましたこのブログも、今年よりいっそう発展させていきたいと思います。
皆さま宜しくお願いします。

さて、TBSの新番組・金曜ドラマ「LADY~最後の犯罪プロファイル~」見ていただけましたでしょうか。
警視庁に新設された「犯罪行動分析室」、通称CPSのメンバーのプロファイリングのよって、事件を解決に導くというストーリーです。
第一話は2時間スペシャルで放送されましたが、主演の北川景子さんを始め出演者の皆さまの迫真の演技がとても素晴らしかったです。

ドラマの感想としては・・・平岡裕太さん演じる新堀の犯罪統計が虐げられすぎてて可哀想に思いました。
とっても役立つんですよ、犯罪統計。。。
あと冒頭の訓練のシーンで、「犯人は自己愛性パーソナリティ」と言っていましたが。
ちょうど新年明け早々の講義で習ったばかりだったので、思わず「ニヤリ」としてしまいました。

このドラマのプロファイリング監修は、我が犯罪心理学研究会顧問の桐生正幸教授が行われています。
ドラマの中でプロファイラー達の行うプロファイリングに、間違いがないかなどをチェックしているそうです。
講義で習った事なんかもドラマの中に出てきて、とても勉強になりました。
今回見逃した方も、次回放送から見ても問題ないはず。
分からない事があれば、上記公式サイトでストーリーや用語の復習ができます。

ではこれで宣伝を兼ねまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
スポンサーサイト
プロフィール

犯罪心理学研究会

Author:犯罪心理学研究会
所属 関西国際大学
連絡先
a6081426●kuins.ac.jp
●を@に変更してください。

主な更新者は犯罪心理学研究会の部長です。

検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新コメント
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。